弾けるような君の笑顔

140文字以上のひとりごと

舞祭組コンサートツアー2018

幸せな気持ちの記録。

 

人生で一番楽しくて終わらないでほしいと願ったツアーでした。二階堂くんのことが大好きで大好きで仕方なくて、今までも大好きだったけど世界一かっこよくて可愛いのは二階堂くんだって一ミリも疑いなく思えて大好きなきもちが溢れて止まらなくて、4人のことも舞祭組というグループのことも前以上に大好きになれて、コンサート自体も最高に最強に楽しくて楽しくて楽しくて。

 

「大好き」って気持ちがこんなに全部MAXになることなんてそうそうない、今後もうないかもしれないって、それならこの時間もこのツアーもこの気持ちも、なにもかも全部終わらないでほしいって本気でそう思いながら過ごした約2ヶ月間。今でも幸せな気持ちしか思い出せなくて、4人の楽しそうで幸せそうで満足そうで一生懸命な表情も全然頭に焼き付いて離れなくて、会場の一体感も温かさも4人への愛も期待もほんとに何もかもが前向きで明るくてキラキラしてて、美化してるって言われたらそれまでだけど、それでも、今まで「影」だの「後ろ」だの言われ続けた4人の、4人だけの4人による4人とファンのためのツアー、空間、舞台、こんなに幸せだけで溢れた時間は今まできっとなかった。この時間のために苦しい時間があったのかもしれない、それならこのツアーの為なんだったら苦しい時間もよかったのかもしれないってそう思える程のツアーだと私は感じてた。ここまで書いていてもうほんとに泣きそうです、思い出して心が震えてます。ほんとにいろんな気持ちが溢れて今まで感じてきた、抱えてきたマイナスな気持ちが全部報われて吹き飛ばされるようなパワーをもったツアーでした。

 

ツアーが決まったとき、私の気持ちは嬉しさなんて正直なくて、「まじか」って。でも二階堂くんがニカ海を更新してくれて、

 

10月5日を大切な日にしたいのかなと勝手に思ってます‼️

 

何でだろぉ⁉️なんで何だろ⁉️

 

何となく大切にしたいのかな⁉️

 

オタクはこれを読んで瀕死です、照れ隠しへたくそーーーー!!!!好き!!!!可愛すぎ!!!!照れてるのまるわかりだし、大切にしたい、の一言だけでは更新出来ないあたり天邪鬼な二階堂くんらしすぎて愛おしいし、でもちゃんと一日遅れで10月6日にこのブログを更新してくれて、ちゃんと今の気持ちを教えてくれて、それがすごく嬉しくて。舞祭組ありがとうってこの時初めて思った。舞祭組にありがとうと思うのは多分これが応援してきて一回目。このあと幾度となく思うことになるなんて知らずに(笑)

 

 

10月5日は僕達にとって‼️大切な日‼️もちろんみんなもいれて‼️

 

こう言ってくれて、あの二階堂くんがファンのこともいれてくれて、話は少しそれるけど二階堂くんにとってはファンの人がどう思うかは良くも悪くもきっとあまり関係なくて(時と場合によっては気にしてる時だってもちろんあるけど)(特段ライブの時とか)自分が好きならみんなも好き、自分にとって大切ならファンにとっても大切、みたいなそんな平和な、ジャイアンみたいな、いい意味で子どもみたいな可愛い感覚があるのかなーなんて。二階堂くんの重いところが出てる気がして嬉しかった。

 

自分がキスマイ7人を好きだからファンのみんなも"7人全員のことが好き"、自分にとって舞祭組のこともキスマイと同じくらい大切で応援してほしいから"舞祭組もよろしくね"、そんな平和主義で自分よりもキスマイが大事な二階堂くんが時には嫌になる時もあるけどそれでも私にとっては憎めない大好きなところで、今年最初に更新してくれたニカログでの「み〜〜〜〜〜んな1列で前に進もうね😁」って言葉には二階堂くんらしさをすごくかんじて、いろんな意味での意思表示というかファンに対する優しさを精一杯表してくれた気が勝手にしていて、わたしはめちゃくちゃ嬉しかった。強要って言われたらそれまでだけど、たしかにまぁ好きなようにさせてよって思う人はいるかもしれないけど、二階堂くんはそういう人だから悪気はないし許してあげてほしいです…(小声)

 

ツアー初日、まだこんなに楽しいツアーになるなんて知りもしなかった私は何よりも怖い気持ちでいっぱいで、でも二階堂くんのブログを読んで全否定する気持ちはなくなって恐怖はなくならなかったけど少し期待してる気持ちもあって。

 

そうだ、ツアー初日の前にアルバムを買った経緯があって、アルバムを買う気がさらさらなかった私は予約なんかしてないし試聴も真面目にしてなかったんだけど、さらっと通常盤をフラゲしてました。気が向いて地元の某HM●に向かい全曲試聴だけしてみるかって軽い気持ちで聴いてみたんです。フルではないけど、全曲聴き終わる頃にめちゃくちゃ明るくて楽しい気持ちになってて、自然と口角あがっちゃうみたいな。ハッピーに満ち溢れた気持ちになって、でも映像はまぁいいやみたいな気持ちも残ってて、"舞祭組(ぶさいく)"にかけて「2319円(税抜き)」で発売してたお手頃な通常盤なら全曲入ってるし、シリアル動画もついてるしこれにしよ♡と思って、試聴するだけのつもりが買ってました。オタクの言う"「多分買わない」は「買う」"っていう定義はほんとだなと実感した(笑)

 

そして初日を迎えるまでに手のひらで転がされるがままに初回Bもばっちりゲットして迎えたツアー初日。会場でアルバムを購入すると当日のライブ後に撮影した映像が見られるシリアル特典が発表されてシリアル目的に開演までに初回Aもゲットしてまんまと全形態揃えてしまったのも舞祭組ツアーでの良い(?)思い出(笑)ちなみにアルバムを全形態揃えて買うのはこれが初めて。ちなみのちなみにアルバムの中で一番好きな映像はシリアル目的で最後に買った初回AのMVメドレーメイキングです。人生何があるかわからないね(?)俺とヒーローのメイキングが超好きです必見💯

 

 

 

ツアー初日に話を戻します。

始まる前「こわいーこわいーこわいー」

終わった後「たのしかった😭😭😭」

 

ざっくりこんな感じ。二階堂くんがテレガイで語ってたのは「楽しかったって気持ちじゃ帰れないと思う、複雑な気持ちで帰ることになると思う」だったのに真逆でびっくりした。楽しい気持ちしか残らなくてこんなの初めてで、帰り道友達とひたすら「楽しかったね」を連呼した記憶しかない。細かく語るとキリがないけど、オープニングが地声で始まった時とか、恋愛心経おわったあとざわついてるのを聞いて「ざわついてたよね」たじたじしてるけど満面の笑顔で喋ってくれたにかみやちゃんとか、会場の反応をいちいち気にしてる感じとか、キスマイツアーで見たことのない4人の緊張感とか、会場中が見守ってるなって感じる温かい雰囲気とか、舞台の装置を自分たちで手動で動かしてるところとか。鮮明に覚えてる。最幸LOVEを歌って2階席を見上げてる二階堂くんの優しい笑顔とか、横に揺れながらベース弾いてる姿とか。なんと言ってもFire&Lightning。私の知ってる言葉ではあの時の衝撃も感動も表わせないよ!!!!めちゃくちゃかっこいいし、かっこいいし、かっこいいし、嬉しかった。真っ白でキラキラなかっこいい衣装。しぬほどかっこつけてる二階堂くん。会場の絶叫も凄くて、振付したのが千賀くんって分かっていたから千賀くん天才って確信しながら見ていたし、とにもかくにも二階堂くんがかっこよすぎてどうしよもなかった。

 

舞祭組で活動する二階堂くんがどうしても好きになれなくて、舞祭組の二階堂くんは自担じゃないって思うようにしてたけど、あの時ばかりは「自担!!!!!!!」って。見たかった二階堂くんが詰まってた。F&Lは地球上にある言葉じゃ表現出来ません、最高でした!!!!最高!!!!最幸LOVE!!!!

 

 

公演を重ねる毎に舞祭組ちゃんが自信をつけていくのが愛おしくて嬉しくて、願ってたことだって幸せな気持ちになれた。二階堂くんは普段からバランサー基質を発揮しちゃいがちだから自分のことは後回しにしがちだけど、舞祭組ツアー中はその重荷がどんどん消えてってるように感じて、重荷っていうと違うんだけど二階堂くんが抱えてる責任感が良い意味で分散されて、4人が4人みんなで役割分担してライブを作り上げていて見ていて不快に思うようなトークやいじりが少なくて(というかそういう嫌ないじりの記憶がない)嬉しかった、素晴らしかった。舞祭組のライブなのに、アイドルらしくないアイドルが舞祭組なはずなのに、キスマイとして活動してる時よりもアイドルらしく見えて、たぶんそれは4人のことが好きな人たちばかりが集まった空間で、それが4人に伝わって、4人が自信を持って舞台に立てたからなのかなと思ったりしました。嬉しいことだしいつも望んでた光景だからそれもまた幸せで。

 

 

こんなに幸せな気持ちでツアー期間を過ごせたのは私自身ISCREAMぶりで、毎回行けない公演でもレポを楽しみにして、ツアー期間ずっとドキドキワクワク幸せな気持ちで過ごせて、二階堂くんが大好きだって心の奥底から思えて、ほんとに幸せだった。

 

ご縁があって最後の最後、ツアーラストの公演に入ることが出来ました。あれだけ終わらないでって願い続けていたライブの最終公演、終わらないでほしくてたまらなかった。始まる前は恐怖しかなかったのに、終わらないでほしい気持ちでツアーラストを迎えることになるなんてこれっぽっちも思ってなかった。

 

これまでキスマイのツアーで舞祭組のコーナーで歌われることの多かった棚からぼたもち、「がや!きた!たまたまたまたま!」コールを初めて全力でやってみたらめちゃくちゃ楽しくて。福岡最終日の昼公演から急遽始まったトロになりたいでの名前コール「としや〜!」「たかし〜!」「けんと〜!」「わたる〜!」楽しさ異常。自担の名前を大声で叫べる幸せ!!!!会場の一体感が物凄かった今までもすごかったけど声が本当にひとつになっててめちゃくちゃ感動した😭笑えて歌えなくなってる二階堂くんにはころされかけた(可愛すぎ)目安箱コーナーでのスタッフさんのサプライズには心が温まって燃えるかと思いました。スタッフに愛され舞祭組ちゃん♡俺とヒーローで泣いちゃって歌えてなかった千賀くん、会場からすすり泣く声が聞こえて、私もボロボロ泣いて、隣にいた千賀担の友達も泣いていて、目の前で泣く千賀くんにもらい泣きしただけなはずなのにツアーでの楽しい思い出、嬉しい瞬間、温かい時間、全部が走馬灯みたいに蘇って涙が溢れました。ああ今日で終わっちゃうんだって寂しさがこみ上げた。最後のぶっさっさー、いつも以上に4人がキラッキラに見えてもう眩しくてこの瞬間が永遠に続けって心から思いながら眺めてた。ダブルアンコールは曲がないから急遽4人が喋ってくれることに。心に残ってる言葉は宮田くんの言葉。

 

 Tweets with replies by ほ (@_2cacha) | Twitter

 

ただの嫌な奴にしてくれない3人とお客さん

 

"ただの嫌な奴にしてくれない"3人、舞祭組ちゃんにしか分からない今までの辛さがあったからこその言葉だと思った。すっごく胸に残って、私自身ツアー中に実感してたことでもあるし、ただの嫌な奴にさせない3人もそれを感じてる宮田くんも最高かよって。

 

二階堂くんの挨拶は3人とは違って本音を喋る、感謝をメンバーに伝えるとかそういうものではなくて、スタッフさんの影の努力と、ツアーには参加してないけど大切なキスマイのメンバーである藤北玉3人の存在のことに触れる内容だった。最後まで二階堂くんらしかった。二階堂くんが宮田くん、千ちゃん、わったー3人のことが大好きな気持ちはライブ中の表情からひしひしと十分すぎるほどに感じていたし、最後の最後にちゃんと"7人"でひとつってことを伝えてくれるキスマイ大好きな二階堂くんが私は大好きだって心から思えた。

 

 

ほんとに最高の愛がぎゅっとつまった舞祭組のファーストコンサートツアー、舞祭組村のわっ!と驚く!第1笑。4人とファンが確実に楽しい!っていう同じ気持ちを共有できたツアーだった。「楽しい気持ち」「温かい空気感」「幸せそうな表情」全部忘れたくない。4人が心から幸せな気持ちに一瞬でもなれてたらほんとに嬉しいし、今までいろんな思いをしてきた分これから先もっともっと幸せになってほしいなって思います。あーーーほんとに楽しかった!!!!!!!全然まとまらないけど、なに言ってるか分からなくなってきたけど、とにかく楽しくて仕方なかったってことが何よりも言いたい。楽しかった!!!!最幸だったよ!!!!

 

舞祭組ちゃん、スペシャルウルトラミラクルハピネスな時間をありがとう!!!!幸せでした!!!!

 

 

ばいばいねー!!!!またねー!!!!